長浜JCWEBサイト

Just another WordPress weblog

理事長所信

■所信
 春、伊吹をはじめとする周囲の山々からの豊かな水が田畑を潤し、夏には眩しいほどの光を浴びた清流に魚たちが溢れ、秋には黄金色の稲が穂を垂らし、冬になれば一面を覆う銀世界にコハクチョウが舞い降りる。湖北の雄大な自然や四季の移ろいの美しさは、日本中にいや世界に誇ることのできる素晴らしい資産です。そしてそこに住まう人々もまた、地域を愛する心、他の人を思いやる気持ち、義理人情の精神など、日本人としての気質を今も色濃く残す誇るべき大切な資産であると私は思います。戦後高度経済成長の過程で日本の多くの地域が自然や大切にすべき日本人のこころを置き去りにしてきました。しかし湖北の先人達は常に原点を忘れることなく、その上に立って新たな夢を描き、実現に向けて情熱を注いできたのです。そして今、日本は様々な面で過渡期にあり、私達青年には新たな時代の夢を語り、率先して行動していく責務があります。変化の時代だからこそ、しっかりと原点を見つめ湖北の将来について語り合いましょう。

 早いもので平成の時代も今年で20年目を迎えましたが、これまでは多くの事柄が「昭和」の延長線上に成り立っていました。しかしここ数年、本格化した地方分権推進の流れをはじめ、国境を超えた企業の再編、「昭和」を支えてきた団塊の世代の退職など、これまで私達が当たり前としてきたものが大きく変わろうとしており、今後の数年間で本当の意味で「昭和」から「平成」へと移行していくことになるでしょう。特に1950年代の「昭和の大合併」以来の大きな変化である「平成の大合併」をはじめとする地方分権問題は、道州制も見据えた改革が加速度的に進むと予想されます。湖北においても新しい時代にふさわしい地域を一丸となって作り上げていくことが急務であり、中心となって動かしていくのは他ならぬ我々の世代でなければなりません。他人任せにせず今こそ我々が地域の若者の先頭に立って、日本のそして地域の次代を真剣に考え語り合い、地域に向けて提言していきましょう。

 県内において湖北ほど「湖北」という地域名を頻繁に使用するエリアは他にありません。この地の人々は無意識のうちにひとつの地域として湖北を捉え、歴史、文化、自然といった様々な面での愛着と誇りの念をもって「湖北」という言葉を使っているのだと思います。この潜在する一体感を更に高め意識レベルから具体的行動へと繋げていくことは、地域間競争の時代にあって急務です。私達が提唱した「灯りの日」を湖北全体に広め、住民自らが主体的に関わり作り上げた地域の新しい資産として定着させることで、住民の地域に対する誇りと自信を高め、更なる行動へ、そして独自性のある湖北地域の創造へと繋げていかなければなりません。

 子どもたちは誰かに愛されている、誰かが自分のことを心から心配してくれていると感じるとき、大きく道を外れることなく伸び伸びと育っていくものだと思います。私達が幼い頃は隣近所をはじめ町内全体が「大きな家」であり、そこに住む家族達は優しく子どもを見守り、ときには真剣に心配し叱ってくれたものでした。私達が目指す地域コミュニティは、ただ仲がいいというだけでなく、地域の子どもを自分の子どものように叱ることのできる、そんな固い絆で結ばれたコミュニティであってほしいと思います。そのためには中高生を中心に幅広い世代が大いに語り合い互いを深く理解し、固い信頼関係を築き上げることが大切なのです。

 青年会議所には同世代の多くの仲間がいます。社会人が利害を抜きにしてこれほど多くの人と付き合える機会は他にはありません。しかし真の信頼関係を築くことができるか、一生の友が何人できるかは自分次第です。真の友情は互いに真剣にぶつかり合ってこそ生まれるものです。自分の意見をしっかりと持ちそれを相手にぶつける、ぶつけられた意見に対してはっきりと自分の考えを示す、その経験の中で貴重な友情が育まれ、互いに成長できるのです。青年会議所活動は家庭や会社など周囲の多くの方々の協力の上に成り立っています。その協力に対する唯一の恩返しは、自分自身が成長することであると私は思っています。活動から学ぶ姿勢を大切にし、互いに高めあいましょう。

 「変革の能動者たらんとする青年として・・・」2001年まで使われていたJC宣言の冒頭部分にあったこの言葉は、今も私の心に深く焼きついています。今、私たちに求められているのはまさに「変革の能動者たる青年」であることなのです。決して傍観者となることなく、常に相手の立場に立って今自分にできることは何かを考え率先して行動しましょう。どんな偉業も、一人の何物にも負けない情熱と失敗を恐れぬ行動から始まるのですから。

■基本方針
新しい時代を築き上げるのは自分たちであるという気概を持って常にものごとの原点を見つめつつ湖北の未来を切り拓こう。

■運営方針
○ 湖北力再生マスタープランのもと、一体感ある湖北を創造しよう
○ 失敗を恐れることなく積極的に一歩を踏み出そう
○ 青年経済人としての自覚と責任を持ち、常に自己研鑽に努めよう
○ 仲間と熱い議論を戦わせ真の友情を育もう

■運営大綱
総務・広報委員会

 社団法人長浜青年会議所の総括的運営と組織の把握及び財産管理ならびに広報公聴活動

湖北政策委員会
 湖北が一体的に発展していくための新しいシステムの構築ならびに事業の実施

灯りの森創設委員会
 湖北住民のこころを繋ぐ灯りの日の提唱ならびに事業の実施

経営者研修委員会
 青年経済人としての資質向上及び新たな取り組みの研究ならびに事業の実施

地域教育推進委員会
 幅広い世代がふれあい固い絆を育むことのできるわいわい村の確立に向けた事業の実施

新入会員指導委員会
 会員としての基礎知識の習得ならびに相互研鑽

例会委員会
 例会の主管及び積極的な参加意識の昂揚

会員交流委員会
 会員相互の融和と信頼の確立による結束力の向上